Custmaize

複数の配車マンに対応、担当者の追加

配車マン毎の売上が分かる担当者項目の追加

配車担当の方が複数いる場合、それぞれの売上金額を見たいのは当然です。

担当者マスタ

担当者マスタ


まず、担当者マスタを追加しました。
続いて配車記録の入力画面に「担当者」の項目を追加しました。
配車記録の担当者

配車記録の担当者


ここで、担当者を入力することが出来ます。
また、担当者別配車記録の入力画面を作成しました。
担当者別配車記録

担当者別配車記録


当社の運送業システムはどこから入力しても全てに反映されますので、配車記録で入力した
データをここで見ることができますし、担当者別から入力することも可能になります。
担当者別売上一覧表

担当者別売上一覧表


帳票として、「担当者別売上一覧表」を追加しました。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

給与計算

運転日報を元に給与計算をする

給与の計算方法は、業務の形態や会社の考えによって全く違ってきます。
また、税率など頻繁に変わるので、このシステムでは「給与計算は出来ない」と言ってきました。
が、運転日報の情報を利用して給与計算の元になる帳票などは作成できます。

給与計算

給与計算


運転日報から「車番」や「時間」、「メーター」、「配送料」などを参照してきています。
指図時間を入力すると残業時間などが計算されるようにしました。
あわせて、運転手ごとの給与計算の帳票と、全体の集計表を作成しました。
このデータを元に、市販されている給与ソフトなどに入力すれば、かなり楽になるでしょう。
給与計算は出来ませんが、歩合の元の数字や残業代の元となるデータは作成することが出来ます。
一度ご相談ください。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

運転日報の項目追加と配車記録の項目追加と削除

運転日報に項目を追加する

一言で運送業と言っても業務の形態はそれぞれです。
その形態に対応した運転日報に修正することが出来ます。

運転手以外に作業員を登録する

日報作業員追加

日報作業員追加


こちらのお客様は、運転手と作業員(助手)を日報で入力して「個人売上」額を入力し、
給与計算に利用するとの事。
運転日報に入力枠を作成して、帳票として個人別売上一覧表という物を作成しました。

複数の項目を追加する

また、こちらのお客様は「通行料」や、「作業料金」、「超過距離」など複数の売り上げに関する項目と
傭車に関しても複数の項目を追加しました。

日報項目追加

日報項目追加


増えた項目に対して、請求書などの様式変更も同時に行いました。

傭車を無くして入力を簡単にする

項目を増やすだけではなく、逆に減らすこともできます。

傭車無し

傭車無し


この場合、「駐車場代」という項目を増やし、「傭車」関係の項目を削除してあります。
また、入力順序を変更しました
カスタマイズの目的には、より簡単にという事も重要なものとなります。

備考(摘要)増やして、社内の管理に利用する

配車記録入力の摘要(備考)欄は標準で1つしかありません。
ここに入力したものは、請求書等に反映される仕組みになっています。
請求書に出さない、社内用の備考が欲しい場合にはすぐに対応できます。
(3つまでは陰に隠してあるのでいつでも言ってください)
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

得意先ごとに計算式を変更する

得意先毎に計算式が違う場合には得意先マスタを変更する

このお客様はそのままの計算式で、あるお客様は割増料金ありでとか、手数料ありとか
意外と得意先によって計算方法が違う事があります。
イレギュラーとして諦めて手計算されてる方もいらっしゃるでしょう。
当社の運送業システムは、カスタマイズ出来るのでこういった場合にも対応できます。

下記の例は、通常は「数量」×「単価」で金額計算しますが、ある得意先はそこに「重量」も掛けるとの事
まず、得意先マスタに「重量を掛ける」という項目を追加しました。

得意先マスタ変更

得意先マスタ変更


得意先コード1は通常の計算、得意先コード2は重量を掛けるとチェックしています。

続いて、配車記録入力(単価数量)に重量の項目を追加し、得意先コードで計算式を変更するようにしました。

配車記録入力画面

配車記録入力画面


得意先コード1と2で金額が違っている事が確認できると思います。

この様に若干複雑かと思えることも、ほぼカスタマイズで対応できますのでご相談ください。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

輸送区間(発地・着地)で単価を自動入力

発地マスタへ単価項目の追加

今回は、得意先に関係なく輸送区間で単価が決定するとの事
定期の仕事、客先毎に決まった単価の自動入力では金額でしたが
今回は「数量」×「単価」の単価を自動入力するようにカスタマイズしました。

発地着地で単価

発地着地で単価


当初、発地マスタに「単価」項目を追加したのみでしたが、件数が多すぎでプルダウンから探すのが大変だと。
そこで、新たに「ふりがな」の項目を追加して「あいうえお順」に表示できるようにしました。
発地着地単価入力

発地着地単価入力


発地を選択すると、単価に登録された単価が自動入力されます。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

請求書のカスタマイズ、ロゴの挿入、ハンコ、色変更

請求書の様式変更

請求書はまさしく会社の顔、お金をいただく大切なものです。
正確さは勿論ですが、かっこよく出したいものです。

請求書にロゴを挿入する

ロゴを入れるだけで、随分印象が変わりオリジナルぽくなります。

請求書ロゴ入り

請求書ロゴ入り

請求書にハンコ(印影)挿入する

請求書の枚数が多いと、ハンコを押すのがめんどくさくなってきます。
カラープリンタであれば最初から社判を埋め込むことが可能です。

請求書ハンコあり

請求書ハンコあり


もちろん、ロゴとハンコ両方とも挿入する事もできます。
請求書ロゴとハンコ

ロゴとハンコ

請求書の色を変更する

請求書は白黒になっていますが、薄いブルーに変更したり、紫色に変更したりできます。
あわせて、受領書の色を変更するお客様が多いです。

ロゴやハンコを入れるカスタマイズは画像をメールで送信いただければ対応いたします。
請求書のカスタマイズは、なんと無料です。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

本社に一括請求、お客様の営業所管理

各営業所での請求書を本社に一括で請求する

お客様が大手の場合、複数の営業所と取引をすることがあります。
各営業所ごとに請求書を発行するなら何も問題がないのですが、請求は本社に当然入金も本社から一括
という事があります。
内容を整理すると

  1. 請求先、入金先は本社のみ
  2. 請求書の1ページ目には各営業所の合計金額を表示
  3. 2ページ目以降には各営業所の売上明細を表示

まず、「得意先・傭車先マスタの編集」画面に「請求先コード」を追加しました。

一括請求本社設定

一括請求本社設定


本社は上記画面のような設定にします。
続いて営業所がわの設定は下記の画面のようになります。
一括請求営業所設定

一括請求営業所設定


請求書は下記画面のように印刷されます。
本社一括請求書

本社一括請求書


消費税は、各営業所毎に計算し、合計しています。

現在は、カスタマイズでは無く、標準機能として搭載されています。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※

定期の仕事、客先毎に決まった単価の自動入力

客先、行先での単価設定

ノーマルのシステムでは輸送品目に単価設定があり、品目ごとに金額を自動入力することは可能です。
今回の依頼は、定期的な仕事で発地、着地が決まっており金額も決まっているのでそれを自動で入力
したいとの事でした。

内容を整理すると

  1. 発地、着地によって単価が決まる。
  2. 得意先によって上記単価が違う。
  3. 配車記録入力時に上記単価を自動入力する

そこでまず、金額マスタというものを作成しました。

得意先単価マスタの画面

得意先単価マスタ

このマスタに入力された金額を配車記録入力で自動入力する様に変更します。

配車記録入力画面

配車記録入力画面

得意先コード、発地Noを入力した時点で、基本運賃に登録された金額が表示されます。
※ライト版はカスタマイズ対象外です※