見積書の作成手順

  1. メインメニューより「見積書の作成・編集」を選択します。
  2. 見積日、作成日、得意先コードと入力します。
    得意先名は直接修正する事ができます
  3. 見積書の作成1

  4. 担当者や支払い条件等必要な項目を入力していきます。
    明細部分で、商品コードを入力し、必要に応じて商品名を修正します。
    金額と、原価が入力されると、画面下部に合計金額や消費税、粗利が自動計算されます
  5. 見積書の作成2
    通常の見積書はこの様に出来上がります。
    この販売管理システムでは~~計、~~計、合計の様な見積書を作成できます。

  6. 処理のプルダウンとクリックします。
    自動的に上記2点の計が計算され、商品名に「小計」と表示されますので必要に応じて修正します。
  7. 見積書の作成3

  8. 1行開けるために、「処理」で「コメント」を選択し、次の行に引き続き入力します。
  9. 再度「処理」で「小計」を選択すると、上記同様計が自動で計算されます。
  10. 見積書の作成4

  11. 再度1行開けるために、「処理」で「コメント」を選択します。
  12. 「処理」で「合計」を選択しますると、合計金額が自動で計算されます。
  13. 見積書の作成5

  14. 既に入力済みの金額を修正した場合、それぞれの小計や合計が再計算されます
  15. 見積書の作成6

  16. 見積書を印刷する場合、画面下のプルダウンから様式を選択する事ができます。
    標準で5種類、日付無しや、支払い条件なし、行数などで選択してください。
  17. 見積書の作成7
    見積書はPDFなどへ出力することが可能ですので、印刷する以外にメールで送信することが可能です。
    見積書の作成8
    見積書サンプルPDF

保存した見積書を転記する

登録してある見積書は、受注伝票や売上伝票に転記することが可能です。
受注伝票に転記した場合には、受注残の管理を行うことが可能です。
売上伝票入力で、見積一覧を表示し売上に転記した例
見積書を売上に転記
見積書転記売上伝票
無料お試し版ダウンロード販売管理-記事一覧

資料請求・お問合せ

会社名[必須]
お名前[必須]
郵便番号(例9638041)
都道府県
住所
TEL
FAX
メールアドレス[必須]
ご希望資料全部カタログ印字サンプルカスタマイズ事例その他
発送方法[必須]メール郵送お電話
ご質問がありましたらご記入ください