運送業向け請求書発行システムVer3.20はクラウドドライブ対応版です

クラウドドライブとは

イメージとしては、データセンターにUSBメモリを預けて、その中身のデータ(ExcelやWord等)をインターネットを使って読んだり、書き込んだりするサービスの事です。
※実際にUSBメモリを使っている訳ではありません。
なので、どこにいても同じデータを利用する事が可能になります。

クラウドドライブにも違いがあります。

無料で使えるクラウドドライブ
MicrosoftのOneDriveやDropBox、YahooBoxなど無料で使えるクラウドがあります。
これらは、同期と言う方式をとっていますので、同時に同じデータを編集(入力する事)する事は出来ません。

クラウド同期型

クラウド同期型

例えば、事務所で仕事を終えて帰宅し、自宅のパソコンを開くと自動的に事務所での仕事が反映された状態になります。
同じように、自宅で編集したデータも、出勤しパソコンの電源を入れたときに自動的に最新のデータが事務所のパソコンにコピーされます。
つまり、USBメモリにデータをコピーして持ち運ぶ事が不要となるわけです。

この場合、2カ所以上で同時に入力は出来ませんが、データを閲覧することは可能です。

当社の運送業システムで考えた場合、2カ所で同時入力しないのであれば同期型を利用する事が出来ます。
例えば、入力は営業所のみで請求書の発行は本社が行う事は可能です。
また、同じ事務所内でネットワークを構築して同時入力は可能で、そのデータをクラウド上に保存、本社で閲覧することも可能です。

直接編集型のクラウドドライブ

直接編集型だと、同時入力が出来ます。
楽天コミュニケーションズ株式会社のFUSION Secure Drive Plusは直接編集型です。

クラウド直接編集型

クラウド直接編集型

このサービスを利用すれば、本社や営業所、自宅、出張先などで同時入力が可能になります。
ただ、PC1台当たり月額利用料として500円の費用が発生します。
例)PC3台で10GBの容量で契約した場合
500×3=1,500円 プラス 容量10G=100円
月額1,600円 年額19,200円(税別)

楽天コミュニケーションズ株式会社 http://cloud.fusioncom.co.jp/drive/

運送業システムでは、データ量は1GB使うことはありませんので最小の構成でご利用いただけます。
その他EXCELなどのデータもクラウド化すればデータ共有が簡単になりますし、事務所の火事や災害などでのデータ消失のリスクを削減する事が出来ます。

無料版か有料版かどちらにするのか?

以下の場合には無料版で大丈夫です。
1. オペレーターが1人の場合
2. 事務所で2,3台をネットワークで同時利用
休みの日に自宅で使用
3. 営業所のみで配車入力、本社では請求書発行
4. 本社と営業所で入力時間を決めておく

離れた場所での同時入力をしないのであれば、無料版(同期型)で対応できます。

同一敷地内のネットワーク間では同時利用が可能ですが、離れた場所での同時入力を可能にするには楽天コミュニケーションズ株式会社でないと対応できません。

詳しくはお問い合わせください。